FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

マサラのおこのみ日記

同人作家飛牙マサラのパソコン徒然日記です。後はMMOとかandroidとかそのあたりもありますです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ram Phantom3

 Ram Phantom3というのを導入してみました。これは通常3.25GBあたりまでしか認識されないメモリーを有効活用出来るというソフトだったりします。

 メモリは増設はマザーボードによりけりですが、16GBまで積めるものもあります。けれど、システムでの認識はXPではおおまか3GBまで、VISTAでも4GBまでしか現在認識されないわけです。幾らたくさん積んでもそのぶんが無駄になっちゃうってことなんですが、これを有効活用出来るようにしてくれるのがRAMディスクという方法です。疑似HDDというと一番分かりやすいと思われます。

 で、ここから本題です。
 4GB積んでいる私のパソコンも当然、無駄になっている領域があったわけでして、勿体ないとは思っておりましたのでこいつは使ってみるかと色々ぐぐって調べ、フリーのソフトもあったのですが、自分の環境ではRam Phantomが一番合ってると思われたのでネットにて購入し、早速導入。
 インストールも順調で、無事私のパソコンにRAMディスクが作られました。
 で、インターーネット一時ファイルを此方のディスクに設定。バックアップも取るようにしておいてあります。メモリーなので再起動などすると全部消去されちゃうわけなのでバックアップがなければ当然全部さようならデータになりますです。

 仮想メモリを使用するソフトなどに此方のディスクを当てるとまあ、起動が早っ! 4GBのメモリに対してシステム認識外のメモリーは約700MBですが、それでもこの体感! ならば更に増設してたらもっといいかもと勢いに乗って+4GBメモリを増設、トータル8GBにして更にRAMディスクを拡大しました。

 メモリの増設で認識はされてないみたいですが、4GBよりは起動速くなった気がしますね、でも。RAMディスクも増設されて4.73GBとなりました。

 ↓私の使用感想など。

 私の環境ではRAMディスクはZと言うドライブレターをあててます。これならば環境の変化によるドライブレターチェンジが避けられると考えるからです。何気にドライブレターが変わると困ることって多いですよね。
 RAMディスクの状態は此方。
RAM PHANTOM 1
 OS管轄外メモリーのみをRAMディスク化してます。それ以外だとシステムで認識している領域までもRAMディスクとして扱えるのですが、そのぶん通常のメモリが減ることになってしまうので環境に合わせて選んだ方がいいようです。
 プロパティは此方。 RAMディスク領域の設定は最大にしてありますが、いまのところそれで問題はないようです。バックアップは終了時に自動保存、インターネット一時ファイルの項目もチェックしてありますです。
RAM PHANTOM 2RAM PHANTOM 4RAM PHANTOM 3

 ちなみにマイコンピュータで見るとこんな感じになります。
マイコンピュータ

 RAM PHANTOMを入れたことによって環境が快適になったような気がしますです。OS起動時にRAMディスクを作るので起動に少し時間がかかること、終了時にも自動保存であるので此方も多少時間がかかることが気になる点でしょうが、使用している分では困ってはいません。
 仮想メモリを使うソフト、Photoshopなのですがこの仮想メモリあてると物凄い起動の早さになりました。どんだけ使うんだ、この人……
 ホームページビルダーの一時ファイルもRAMディスクに指定、これまた早いですね。Cディスクへの負担がこれで軽減されていると言うことになるのかな。
 一太郎は残念ながらバックアップファイルの場所を変えることが出来ないので断念。その代わりに二カ所保存をするようにして、二カ所目をRAMディスクへ。万が一に備えてこれで安心かな。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Twitter

プロフィール

飛牙マサラ

Author:飛牙マサラ
 同人作家している飛牙マサラの趣味全開ブログです。話題は主にPC関連、次にMMOあたりかな?
 同人関連はマサラのあるある日記に移行しました。そちらをご覧になりたい方はそちらへどうぞ♪

最新記事

右サイドメニュー

あるあるDL販売

PIXIV

グランドファンタジア

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。